Archive for the ‘Uncategorized’ Category

どうやら今はこんなものがWebで公開されているらしいです。いい時代になったものですね。
http://www.color-fortuna.com/color_scheme_genelator2/

色相差を大きめに振るとちょっとセンスがいい感じの配色っぽくなって素晴らしい。色相に困った時はこれを使おう。

きちんと投稿がツイッターのつぶやきに反映されているかな?

DBのコネクションプーリングが一番ポピュラーな使い方だと思われる、オブジェクトプーリングのやり方について。

OpenGLの描画オブジェクト管理にオブジェクトプーリングを使ってみたんだが、オブジェクトを使いまわす時に死んでいるオブジェクトを探すいい方法が思いつかない。オブジェクトにvalidフラグを立てておいて、フラグが立ってない奴をforループで探すような仕様にしているのだが、明らかに効率が悪いよなーこれ・・・。死んでいるオブジェクトと生きているオブジェクトを別のリストで管理するのが一番手っ取り早いだろうか・・・?いまいちいい方法が思い浮かばない。

Shindigをアップデートしようと思ったのだが、なぜだか今までルートコンテキストに置かなくてもきちんと動作していたはずなのに、アップデート後のShindigは動作しなくなっていた。仕方ないのでなんとかルートコンテキストに置く方法を調査。

調べてみるとあら簡単。名前をROOT.warとしてwebappsディレクトリに配置してやればよい。もちろんWebマネージャからもデプロイ可能なので、楽ちん楽ちん。

最近気になるもの

・Sinatra Rubyの超軽量Webフレームワーク。なんかのプロトタイプを作るのにはぴったりかも。

・Scala Twitterで本格的に導入されたので有名。オブジェクト指向言語と関数型言語のいいとこどり、らしい。JavaScriptにはまってる俺からしたらちょい気になるもの。

・SproutCore JavaScriptのみでMVCフレームワークやリッチなUIを実現するものらしい。Railsのような生産性?まだよく分からない。開発にはRubyを使うらしい。近いうちに試してみたい。

・VoltDB 分散型オンメモリデータベース、超高速らしい。RDBMSを使うまでもないWebアプリ上での使用とかに適切なのかな。ただしストアドプロシージャしか使えないので、使いどころは限られてくるかも。一応SQLの構文に対応しているらしい?

カレンダー
2018年2月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728